楯 直己

ケプラーの「超新星」〜変動する時代の最先端〜
“Johannes Kepler’s supernova explosion〜at the cutting edge of changing times〜”

ケプラーの「超新星」~変動する時代の最先端~

1604年10月の夜空に、肉眼でも見ることができる超新星爆発が起こり、後に「ケプラーの超新星」と呼ばれるようになりました。

その夜は、木星、火星、土星が一つの点に重なる瞬間に立ち会いたいと、世界中の人々が空を見上げていました。
すると突然、誰もが考えていた予想に反して、3つではなく4つめの光が現れ、それも木星と同等に光り、それが大きくなっていきます。

天動説…夜空には空に固定された星が光ると信じられていた時代に、予定外に登場し、大きくなっていく光を目の前に、世界には衝撃が走りました。
固定概念が揺らがされる混乱の中、ケプラーの冷静で短い「空に星の光が現れた」という発言。また距離など推測可能であることを述べた貢献度の高さは、どれだけ大きかったことかと思います。

ヨハネス・ケプラー。天体の運行法則をも解明し、天体物理学者の先駆的存在となりました。いかなる時も数学者として真実を求め続ける姿勢を持ちながら、豊かな想像力で未来的な展望を描くサイエンスフィックション作家であったからこそ、
当時の常識を更新できたのかもしれませんね。

IMD,JP

Johannes Kepler’s supernova explosion
~at the cutting edge of changing times~

October 1604, a most rare explosion of star ~supernova explosion ~observable with naked eye, later called “Kepler’s Nova”.
People all over the world were looking up into the sky to observe Jupiter, Mars, and Saturn to become one point.
Instead of 3 shining stars a fourth light appeared and became bigger and bigger.
Within the framework of a world views with fixed stars, it was hard to believe one’s eyes.
Kepler’s calm and short stated “a starlight appeared in the sky” and talked about possible distance of the light.
He highly helped the accepting of the phenomenon

And, as a mathematician, he always kept the attitude of seeking the truth and his writing of science fiction show his broadness of mind
And such person has probably helped us to enjoy of updating views in each era.

Written by IMD,JP

Images:NASA Pixabay STAELLA

楯 直己・Naoki Tate – Ambient Voice Scape
※2022年1月21日(金)facebookライブ配信より

#自由な心の自由な時空 #ambient #improvisation #mindfulness #nativeflute #duduk #relaxation #nasa #pixabay #staella

関連記事

TOP