動画

Flower of Time〜時間の花

Ambient Voice Scape #169
Improvisation “時間の花の誕生と宇宙のシンフォニー〜Flower of time and symphony of the universe”

時間の花の誕生と宇宙のシンフォニー

クルクル周る命から
生まれ続ける時の花 時の色

スパイラルのように時間が描かれる
消えては生まれ咲く、そんな時間の花が魔法のように存在する

ふとみたら、無数の次元で咲く魔法の花が
一つのシンフォニーとして共鳴している。

聴こえないが感じる宇宙のシンフォニー
私達の心や精神の故郷ということか

IMD,JP

Flower of time and symphony of the universe

The Circle of life continues to grow and blossom
the flowers and Colors of time.

Time moves like a spiral and
causes the magic of appearing, disappearing,
and blossoming of the flower of time to be.

From a broad view, in innumerable dimensions
the magic of flowers boom and resonates as one symphony

A symphony of the universe we may not be hearing but feeling.
Homeland of our minds and hearts, this may be.

Written by IMD,JP

Original picture:Keita
Animation:Naoki Tate

※2022年5月6日(金)facebookライブ配信をベースに制作

桜鏡の響〜Cherry Blossom Reflections

Ambient Voice Scape #18 “桜鏡の響〜Cherry Blossom Reflections”

唱歌「さくらさくら」変奏曲
A Variation on a Japanese Traditional Song ”Sakura, Sakura”

Facebook限定ライブ配信より
(2020年5月8日配信)

GREAT MYSTERY

#153 Improvisation “GREAT MYSTERY”

世界中の冒険家たちが、人類に残された最後の大陸・南極を目指した20世紀初頭。

1914年アーネスト・シャクルトンと27人の隊員は絶望的な状況を乗り越え、一人残らず奇跡の生還を果たしました。
救済をもとめる最後の道のりは、3人が山脈と氷河を超え63時間歩み続けて到達。
シャクルトンは奇跡(神)を観、自然の驚異の中、我々の裸の魂に触れたと語っています。

私たちの日常の中、見落としていた偶然や小さい奇跡を宇宙から見たら、
それは星の数と同じぐらい、地球に広がっているかもしれませんね。

小さな幸せの種が無数に芽生える2022年となりますように。

IMD,JP

GREAT MYSTERY

Antarctic expedition
Sir Ernest Shackleton’s 3rd expedition and his 27crew-members facing one difficult situation after the other .
Testaments of human perseverance endurance, and miracles .
Shackleton states in the marvel of nature and experienced god ( miracle )and in the roots of our souls
If we could see all the small miracles that we have overseen from the universe
It may be as many as stars, spreading over the planet earth.
May the seeds of happiness spout of and grow. 2022

Written by IMD,JP

Facebook限定ライブ配信より(2022年1月7日配信)
Aurora Video: NHK Creative Library:https://www.nhk.or.jp/archives/creative/material/
Images from NASA:https://images.nasa.gov/

冬至祭〜The Winter Solstice Celebration

#151 Improvisation “冬至祭〜The Winter Solstice Celebration”

12月22日(水曜日)は冬至でしたね。
冬のもっとも短い陽ざし。ここから夏の長い陽ざしへと日照時間が延びていきます。太陽が大地を暖めるまで、寒さが続きます。
皆様がご自愛のうえ、健やかな日々をお過ごしになられますよう、心よりお祈り申し上げます。

The winter solstice celebration
And to the present day , celebration of yearly shifting point to longer daylight ,shows it’s influence on to our holidays as Christmas and Hanukkah.

Facebook限定ライブ配信より(2021年12月24日配信)

皆既日蝕とオーロラが出会う南極の空
〜Total Solar Eclipse and Aurora meeting in the Antarctic sky

Ambient Voice Scape #148
“皆既日蝕とオーロラが出会う南極の空〜Total Solar Eclipse and Aurora meeting in the Antarctic sky”

皆既日蝕とオーロラが出会う南極の空
明日12/4は新月。日本時間の夕方16〜17時頃、
南極の沈まない太陽がつかの間消えて、再び現れる日。
その空にはオーロラが訪ねてくる可能性もあるようです。
このような現象が科学的に解明されたおかげで
昔と違い、現代の私達は怖れずに満喫できます。
今日は想像の中で、南極の皆既日食とオーロラの出会いを体験しながら、
私達一人一人の中に眠っている平和のかけらを見つけて、美しい情景と戯れたいと思います。
そして12/4に、それぞれの素敵な平和のかけらを南極の空に送っていただければ幸いです。

Total Solar Eclipse and Aurora meeting in the Antarctic sky

During total Solar Eclipse in Antarctica, on December 4th
aurora may be visiting this event.
Thanks to scientific elucidation, we can enjoy such phenomena without fear.
And may moments of inner peace awaken and join in the Antarctic sky.
Hope enjoy the imaginary journey!
( eyes closed or open, as you like.)

Facebook限定ライブ配信より(2021年12月3日配信)
Images of Eclipse are from NASA : https://images.nasa.gov

月蝕〜Lunar Eclipse

Ambient Voice Scape #146
“月蝕〜Lunar Eclipse”

平安末期、出家し僧侶で歌人である西行が、月蝕を見上げて歌を残しました。
〜忌むといひて 影に当らぬ 今宵しも われて月見る 名や立ちぬらん〜
「月蝕は忌むべきものといって、月の光にも当たらないようにする今宵、その月を強いて仰ぎ見る自分にはおかしいという評判が立つだろうか」
その背景として「日蝕や月蝕」が古代より畏れられ、その光そのものが害であるとされ、平安時代ではそれを避けるため「日月蝕」光が身体にあたらないよう、ムシロで包まれたりの工夫がなされていました。

多様な捉え方の可能性を描く歴史のエピソードでもありますね。
私達に中にある捉え方の芸術…怖れるか、未知のものを受け入れるか…に触れてくれているのかもしれません。
このように、「捉え方の芸術」が自由になり、人生の時間を豊かにできるということを思い起こさせてくれる西行の言葉が、この日食と月食を迎える度、感性を磨いてくれるように。

Lunar Eclipse

Saigyo Hoshi (1118 – 1190), a famous Japanese poet, at that time wrote, “What might happen to my reputation, for me to be looking up to the Eclipse moon, everyone is trying to avoid.”
(At that time, people in Japan avoided Eclipse by hiding behind straw mats)
Saigyo presents the art of perception, stepping out of a ” habitual fear” to an open future.
~Enjoying the art of perception by watching the eclipse~

Facebook限定ライブ配信より(2021年11月19日配信)
Images of Eclipse are from NASA : https://images.nasa.gov

星の彼方に降る雨
A Gentle Rain in the Interstellar Space

Ambient Voice Scape #120
“星の彼方に降る雨〜A Gentle Rain in the Interstellar Space”

最も遠い距離に到達した人工物、ボイジャー1号。地球を離れて44年、今は太陽圏を離れ星間空間にいるそうです。そこで絶え間なく聞こえる音は、穏やかな雨のようだといいます。

Voyager 1, the man-made object that reached the farthest distance. 44 years since it left the earth, and now it has left the heliosphere.Voyager 1 says it can hear the sounds like a gentle rain in the interstellar space.

太陽風のバラッド
Ballad in solar wind

Ambient Voice Scape #65 Improvisation
“太陽風のバラッド〜Ballad in solar wind”

地上をはなれ 
遠く 地平を見渡しながら 
空高く舞い上がり 
地球を離れる その時

これから向かう 星の海を見渡す前に
きっと
初めて見る地球を
なつかしい思いで振り返り 

愛する誰かといた場所を 探すだろう
その場所の 音や匂いを
ひとつひとつ 思い起こすだろう

太陽から吹いてくる風を
背中に心地よく感じながら

冬至祭
Happy ReBirthday Dear Light

Ambient Voice Scape #84 Improvisation
“冬至祭~Happy ReBirthday Dear Light”

● Music start 4:15〜
Still Images: NASA https://images.nasa.gov

「鏡の国」
詩文 安藤康弘 音楽 楯 直己

空〜三部作〜より「鏡の国」

詩文・朗読 安藤康弘  音楽 楯 直己

楯 直己 ソロライブ
「ソラノモリ」第二章〜空の民編〜Part1

楯 直己ソロライブ「ソラノモリ」第二章〜空の民編〜

2018.1.26 @ノベンバーイレブンス1111part2(東京)
出演 
楯 直己(Voice/ネイティヴ・アメリカン・フルート/パーカッション・空間音楽)
安藤 康弘(詩人・朗読)

楯 直己ソロライブ「ソラノモリ」第二章〜空の民編〜Part2
https://youtu.be/PpA2xzw8JFM

動画をもっとご覧になりたい方は『You Tube -Naoki Tate-』にてご覧いただけます。

TOP