楯 直己

楯 直己 NAOKI TATE
作曲家・マルチサウンドクリエイター&パフォーマー

空間全体を作品として体験させる「サウンド・インスタレーション」を得意とし、音で空間を紡ぎ出し、響きの舞台美術を創作する。
「空間音楽~Ambient Voice Scape」と呼ぶ独自のサウンドは、100種類以上に及ぶ世界中の民族楽器と、日常にありふれた様々なものから作り出される音に、最新のテクノロジーを駆使したプログレッシブサウンド、そしてヴォーカルを楽器として融合し、国境やジャンル、時代を越えて生み出される。
時に自然的で、時に宇宙的な響きは異空間を感じさせ、その時空を超えた音楽の世界観は聴く人たちを魅了している。

現在まで、NHK-Eテレ『てれび絵本』、『からだであそぼ』、JAXA(宇宙航空研究開発機構)『遥かなる月へ ~月周回衛星「かぐや」の軌跡~』(受賞作品)、航空自衛隊『ブルーインパルス』演技飛行オープニング曲、NHKや総務省などのドキュメンタリーシリーズをはじめ、映像、舞台、アーティストへの楽曲提供など、幅広い分野で音楽を手がける。

ソロアーティストとし2015年に活動を開始。
同年、アルバム『SUNRISE』、アルバム『The Voice of the Earth』をリリース。2017年にはアルバム『桜鏡の響』をリリースする。
近年では、日本野鳥の会との共同制作による空間音楽作品『愛の織物』『空~三部作~』(詩文:安藤康弘)を発表。
2020年1月、『羽生結弦プログラムコンサート』(国際フォーラム ホールA)に参加。
2020年5月、宮崎国際音楽祭「パーカッション・スペース 宇宙の音 大地の声」への出演予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となる。
2020年4月よりFacebookソロライブ配信(毎週火金曜20時~)を開始する。

地球のネイティヴな音と響鳴し、未来の音楽を探求している。

NAOKI TATE
Composer and Producer
Voice / Native American Flute/ Ethnic Instruments /

Naoki s music explores relationships in terms of world views and sound by creating a tapestry of scenic sound scapes using voice, ethnic instruments, and daily common place items.
His expressions range from documentary soundtracks, cultural exhibitions to live performances inviting the audience into an experience of various perspectives of our planet and our universe.

works

Music Produce for Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) on the Project
KAGUYA=SELENE (Selenological and Engineering Explorer).
Created music for Nippon Broadcasting Corporation (NHK) Educational television series Music for corporations and also for Air Shows by the Japan Air Self Defense Force Blue Impulse, precision flight team , Teresa Wennbergwith Institute of Technology KTH Stockholm 2008 -09
Installation for “Soft Factory”
Documentary soundtracks and Exhibitions
Various Collaborations with musicians ,dancers and artists from different fields exploring new expressions of sound scapes

Recent Live Performances

In partnership with the pianist, Toshiya Shioiri , played in various groups at live performances and also joining up with Didjeridoo player, Knob, explored pure improvisation
Playing at Yakushi-ji Temple and a traditional ceremonial ritual with 1500 years of history in October 2015
Collaborative work with Calligrapher Rogen Ebihara – Fashion designer Ritsuko Shirahama – performing at the Federation of Japanese Flower Arrangement groups

With the solo concert album releases, “SUNRISE” and “The Voice of the Earth”, in 2015

▼Download Resume (PDF)
 NAOKI TATE Resume

TOP